【アメリカンフットボール部】 KGボウルで日大に勝利

 4月24日、王子スタジアムに於いてKGボウル(対日大)が行われた。関学は、第1QにFG(フィールドゴール)で先制。その後も2度のTD(タッチダウン)などで順調に得点を積み重ね、23―7で勝利した。
試合後のコメント
鳥内監督「オフ期間中は走り込みと筋力アップをやってきた。春は、どこが相手でも毎試合出来ることをしていく」
主将・松岡正樹(経4)「ランプレーはよく通っていたと思う。パワーの望月(人3)、スピードの野々垣(人2)が経験が浅いながらも持ち味を出してくれた。でも能力関係なくチーム全体がこだわりをもって取り組んでいる部分が出来ていない。サイドラインも元気がなかった。次の関関戦までに急ピッチで修正していかないといけない。どんな試合でも絶対負けられないので勝ちにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です