【ハンドボール部男子】 大体大に悔しい敗北

 4月23日、天理大学体育館に於いて平成23年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦(対大体大)が行われた。前半、関学は果敢に攻め、得点を重ね試合をリードしていく。だが、中盤に続けて失点すると、一気に差を広げられてしまう。13―17で前半を折り返し、迎えた後半。関学はなかなか流れを引き寄せられず、22―34で敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・山口寛人(社4)「前半は良かったので、勝てると思った。だが、後半から粘ることができず負けてしまった。次はもう負けられないので、それを全員が意識して戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です