【準硬式野球部】 リーグ戦最終節を連勝で飾る!

 4月22日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第5節2日目(対関大)が行われた。関学は初回、先頭・長井(法3)が内野安打で出塁すると、続く武内(経4)が送りバントでチャンスを広げる。この場面で打席には3番・山崎(社3)。ライト上段にまで届く2ランホームランを放ち、先制点を挙げた。関学は3回にも4番・中西一(法3)のタイムリーで追加点を入れる。その後も先発・吉山の好投で関大に得点を許さず、3対0で勝利を収めた。これで関学は最終節を連勝で終え、リーグ戦2位が決定した。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「吉山が期待に応えてくれて良かった。昨日の時点で順位は決まっていたので、ブロック大会につながる試合をしようと話し合った。今日は完封勝利と、良い流れができたのでブロック大会を勝ち進んで全国優勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です