【硬式野球部】 今季初勝利をつかむ!

 4月18日、南港中央球場に於いて関西学生野球六大学春季リーグ対同大3回戦が行われた。試合は2回裏、失策により先頭打者に出塁を許すとさらに失策を重ね2点を失う。その後すぐに追いつくも、激しい攻防の末4―6で迎えた7回表。7番・山崎裕貴(経2)の適時打、暴投などで3得点を挙げ逆転に成功した。関学はそのまま逃げ切り7―6で今季初勝利を挙げた。
                   R H E
関 学 000 220 300 =7 10 3
同 大 020 211 000X=6 8 4
 決して綺麗な勝ち方ではなかった。7回、相手の暴投と失策で逆転。その後は前日10回を投げた蒔野健太(文3)を投入して逃げ切る。しかしこの1勝こそが、「必死」のチームを励ました。
 「負けが続くと、悪い方に考えてしまう」。4戦0勝の不安定なチーム状況に、指揮官も頭を悩ます。この日先発の飛嶋真成(法4)は、万全の状態ではないが「今できる一番良いフォーム」で初回を無失点で抑えた。ところが2回裏、無死から失策と死球で出塁を許すと、さらなる失策などで走者を返され、0―2と先制点を献上。焦りがプレーに表れる。だが、ここで落ち込んではいられない関学は4回表、3本の安打と死球で満塁とすると、8番・飛嶋の放った打球は二塁手の失策を招き1点を返す。続く9番・越智英貴(社4)の死球でさらに押し出し。2―2の同点に追いついた。その後、同大に2点を加えられ、意地で巻き返しを図った関学だが、投手陣が粘りきれず。6回が終わり、4―6とリードを許した。そうして終盤に差し掛かった7回、先頭打者はこの日すでに3本の安打を放っている4番・萩原圭悟(商3)。萩原は「自分のスイングができた」という5本のファールで粘ると、三遊間を抜ける当たりで出塁する。これに続く打者たちは粘りを見せ、7番・山崎裕貴(経2)の渾身の内野安打で1点を返した。すると、同大の4番手・國正が崩れ始める。暴投など失策が続いたため、ここで関学は2点を追加することに成功。7―6と逆転した。どうにかこのリードを守りたい関学は、昨日10回を投げ切った蒔野を投入することに。蒔野は、その裏を三者凡退で抑えると、8回の2死満塁の危機を乗り越え、最後まで無失点で切り抜けた。関学は今季初白星を獲得。関大戦を前に、大きな収穫となった。
試合後のコメント
清水監督「勝てて本当によかった。投手陣の調子が奮わず、これまで関学らしい野球が出来ていなかった。次節の対戦相手・関大には昨年一勝も出来なかったが、気持ちを切り替えて臨みたい」
先発投手・飛嶋真成(法4)「今日は今出来る一番良いフォームで投げた。まだ本調子ではないので少しずつ直していきたい。試合に集中して一勝ずつ積み重ねていきたいです」
この日4安打の活躍を見せた萩原圭悟(商3)「チームが勝てて本当に良かった。次節の関関戦でも打率だけにこだわらず、自分らしいスイングを心掛けていきたいです」


  

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 中嶋 より:

    なかなか勝てない試合が続き、優勝を目指す野球部にとっては、もう負けられない立場にあるけど、今からの奇跡を信じてます。
    今年も応援してますよ! 神宮に連れて行って下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です