【硬式野球部】 投手戦の末、同大に敗れる

 4月16日、南港中央球場に於いて関西学生野球六大学春季リーグ対同大1回戦が行われた。激しい投手戦となった今試合。均衡が破れたのは5回裏だった。三塁打で出塁した同大の先頭打者が犠打で生還し先制される。だが8回表、死球で出塁した8番・徳山靖(商2)がゴロの間に生還。1―1の同点に追いつくも、その裏連打や四球により一挙3点を失い、1―4で試合終了した。
                 R H E
関学 000 000 010=1  3 0
同大 000 010 03X=4X  7 0 
学)ボイラン、永島、岡地、田村―山崎裕
同)平川―小林
 サヨナラ負けから始まった今季リーグ戦も第二節を迎えた。対戦相手は昨年、春秋連覇を成し遂げた同大。だが「日本一」を目指すチームにとって、対戦相手はどこであろうと関係ない。今季初勝利をつかむために、選手たちはグラウンドへ駆け出した。
 初回から同大の先発・平川が好投し、関学は得点の機会を作り出せない。一方の関学の先発・ボイラン・フィヨン・隆治(社3)も4回まで無失点と奮闘。激しい投手戦が繰り広げられた。先に動いたのは同大。5回裏、同大の先頭打者を三塁打で出塁させると、犠飛で生還され先制点を許してしまう。だが8回表、1死の場面から途中出場の徳山靖(商2)が死球で出塁。さらに、大学野球初打席の代打・中島一夢(商1)が右前安打を放ち1死二、三塁とする。そして続く打者がゴロに打ち取られた間に徳山が本塁に返り、1-1の同点に追い付く。あと1点が欲しい関学であったが、打線は続かず8回裏に突入した。いきなり同大の先頭打者に三塁打を浴び、ボイランはマウンドを降りる。しかし同大打線の勢いは衰えず、中継ぎ投手陣も打ち込まれ一挙3点を献上してしまった。9回、どうにか巻き返しを図りたい関学だったが、打線はつながらず1-4で同大に敗北を喫してしまった。
試合後のコメント
清水監督「投手陣の中で最も調子が良かったので先発にはボイランを起用した。明日は先発がしっかり抑えて大量得点で勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です