【準硬式野球部】 同大に悔しい敗北

 4月15日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第4節2日目(対同大)が行われた。関学は2回裏に先制されるも、6回に先頭・武内(経4)がヒットで出塁し、チャンスを作る。4番・中西一(法3)が3ベースヒットを放ち、1点を返した。そのまま勢いに乗りたい関学だったが、裏に1点を追加され、流れは同大に向いてしまう。その後関学は追加点を取ることができず、1対5で敗北を喫した。関学は次週、関大とのリーグ戦最終節に挑む。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「昨日は引き分けだったので、今日こそ勝ちたかった。中西一が4番らしい良いバッティングをしてくれた。次の関大戦、2試合とも勝って良い雰囲気でリーグ戦を終えたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です