【準硬式野球部】 両校譲らず引き分け

 4月14日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第4節1日目(対同大)が行われた。関学は先制するも、同点を許し1-1で引き分けた。
 まさにエースの貫録であった。先発・妙見(経3)は度重なるピンチにも動じず、強打を誇る同大打線を1失点に封じ込んだ。しかし、打線が振るわず関学は1―1で引き分けた。
 妙見は初回を三者凡退に切って取り、上々の立ち上がりを見せる。センター・長井(法3)の好プレーにも助けられ4回まで同大打線を無失点に封じた。すると関学は4回裏、四球で出塁した小森(経4)がワイルドピッチと犠打で進塁し、1死三塁の好機を迎える。ここで打席に立つのは4番・中西一(法3)。主将・大西(経4)が「4番の仕事をしてくれた」というように、 中西一は3球目を鋭く振り抜きレフトへ大きな飛球を放つ。これが犠牲フライとなり、関学は1点を先取した。
 しかし直後の5回、妙見は左前安打を放たれると犠打で進塁を許す。2死二塁で4番・栗山(同大)に同点打を放たれた。なんとか妙見を援護したい関学。毎回のように得点圏にランナーを進めるもののあと一本が出ない。だが関学も妙見を中心に攻守を見せ、逆転を許さなかった。8回には無死満塁のピンチを迎える。それでも経験豊富な捕手・池田(法4)が絶妙なタイムで間を取る。自分のリズムを取り戻した妙見は気迫の投球で三者連続三振に切って取った。9回には「練習通り」とサード・小森が好フィールディングで相手の犠打を封じる。バックも懸命に妙見を盛り上げた。しかし打線が振るわない。最後まで追加点が奪えなかった関学は、1―1で同大に引き分けた。
 白星は飾れなかったものの、昨年よりも着実に成長を見せる関学ナイン。練習の成果と団結の力を感じることのできる試合となった。ベンチやスタンドの応援も選手たちを後押ししているのだろう。「今日の課題をしっかりこなして、優勝につなげる」と大西は意気込む。リーグ優勝、そして最終目標である全国制覇へ。チーム大西は全員野球で、強豪に挑み続ける。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)
―昨年、秋季リーグ戦王者・同大に対してどのような準備をして挑みましたか。
接戦になるとわかっていたのでミスのない、やることのしっかりできる守備とゴロを転がす打撃を意識しました。要所で見られたので良かったです。
―苦しい試合展開となりましたが、試合を振り返ってどうですか。
先発・妙見が頑張ってくれたし、守備も何をすべきか意識できました。攻撃はチャンスで一打がなかったのが課題です。けど、昨年よりは成長しています。
―ノーヒットで1点を奪い先制に成功しました。打線のつながりを感じることができましたがどうですか。
理想的ですね。高島(商3)の次の塁狙う姿勢や中西一の犠牲フライなどみんなが仕事をしっかりしてくれた成果だと思います。
―ベンチやスタンドなど盛り上がりやムードの良さを感じることができましたがどうでしたか。
米田(経4)や中西祐(社4)がムードを良くしてチームを引っ張ってくれています。スタンドも含めて出場選手の力になっています。本当に心強いですね。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です