【硬式野球部】 立命大戦、連敗で勝ち点落とす

 4月10日、わかさスタジアム京都に於いて 関西学生野球六大学春季リーグ戦対立命大2回戦が行われた。昨日に引き続き先制点を挙げたのは立命大。だが3回裏、四球で出塁した2番・斎藤智芳(経4)が連続暴投や失策により生還し1点を返す。さらに4回裏、7番・黒木龍作(経4)の本塁打で2―2の同点に追いつく。しかし5回表に再び勝ち越されると、その後立命大投手陣の好投により反撃できず2―3で敗北。その結果、関学は勝ち点を落とした。
 前日、激しいつ攻防の末にサヨナラ負けを喫した関学。「まずは一勝」と、試合前から大きな声が飛び交った。
 試合は立ち上がり、先発・飛嶋真成(法4)が丁寧な投球を見せる。しかし立命大の先発・山田に適時打を放たれると、続く2回追加点を許し0―2.関学はすぐさま反撃に出たい場面。すると3回裏、山田が崩れ、失策で1点を返すことに成功。さらに、4回には7番・黒木龍がチーム2本目となる本塁打を放ち、同点に追いついた。関学は逆転の好機であったが、直後の5回、失策で出した走者を5番・瀧野に返されて失点。2―3とされる。そして昨日に引き続き、立命大の抑え・工藤の前に打線は太刀打ちできず。失策があだとなって2―3で敗北。勝ち点を奪われた。
 「日本一」を目標に掲げる関学の戦いは、まだ序章に過ぎない。次の同大戦に向け、動き始めた。
試合後のコメント
清水監督「昨日とは違い硬さは無かったが、終始リードされる展開だった。だが(リリーフで登板した)岡地が好投したのは唯一の収穫」
主将・越智英貴(社4)「立命大との実力差はなかったが、日本一という目標に目が行き過ぎてしまい気持ちの面で負けてしまった。とりあえず一勝するという気持ちで次節に挑みたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です