【硬式野球部】 春季リーグ戦、サヨナラ負けスタート…

 4月9日、わかさスタジアム京都に於いて 関西学生野球六大学春季リーグ戦対立命大1回戦が行われた。初回、立命大に先制点を許すも2回表に8番・籾山雄斗(経2)の2点本塁打を含む3得点を挙げ逆転に成功する。だが、し烈な打撃戦を繰り広げ5―5となり迎えた9回裏。四球で出塁させた先頭打者が立命大の4番・保母の適時打で生還し、5―6でサヨナラ負けを喫した。
                    R H E
関 学 030 020 000 =5 8 2
立命大 110 030 001X=6 11 1
学)蒔野、岡地、ボイラン―山崎裕
立)徳山、伊藤遼、小松、井奥、工藤―山村
 
 「日本一」を目指す男たちの戦いが今年も幕を開けた。大会第2節からの登場となった関学の初戦。相手は、第1節で関大と3戦にもつれ込む戦いを延長サヨナラで制した立命大であった。関学は昨秋リーグ戦でチームを準優勝へと導いたメンバーを中心に、昨春も開幕投手を務めた蒔野健太(文3)をマウンドへと送りこんで、戦いに挑んだ。
 初回、四球で出した走者を4番、5番の連打で返され先制点を許すも、関学はすぐに反撃に出る。2回、無死から4番・萩原圭悟(商3)が中堅手の前へと打球を運ぶと、6番・檪浦大亮(経4)の右前安打で同点に。さらに今季チーム第1号となる8番・籾山の2点本塁打で、3―1と逆転に成功した。
 その裏、1点を返されて迎えた3回。蒔野は味方の失策により無死から走者を背負う。緊張感漂う中、蒔野が5番・瀧野に投じた3球目は空振り。捕手・山崎裕貴(経2)が素早く二塁に送球すると、そのけん制球は二塁手の足元へと直線を描き、見事盗塁を阻止。同点に追いつかれる危機を女房役が救った。5回には、3番・松浦大則(商4)からの3連打などで2点を加え5―2と立命大を突き放す。関学は、勝利へと確実に近づいているはずだった。
 ところが、直後の立命大の攻撃。蒔野は2つのゴロで2死とするも、そこから3本の長打と失策で3点を入れられ、5―5。ゲームを振り出しに戻される。その後6回から登板したボイラン・フィヨン・隆治(社3)が立命打線を堂々の投球で抑えるが、関学打線も同様。立命大の5番手・工藤の前に4回1安打と苦しめられる。そうして、両者平行線をたどり迎えた9回裏。1番・金子を無死から四球で出塁させると、この日2安打の4番・保母の打球は右中間に落ちる。関学は、5―6と悔しいサヨナラ負けを喫した。
試合後のコメント
清水監督「グラウンドの状態は悪く、さらに初戦ということもあり選手たちの表情が硬かった。(途中から登板した)ボイランは好投したが粘りきれなかった」
主将・越智英貴(社4)「今までやってきたことを信じて自分たちの野球をしようと試合に臨んだ。今日が初戦の関学に対し相手は今日で4戦目。その差が大きかった。明日は気持ちを切り替えて、いつも通りプレーしたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です