【準硬式野球部】 負けられない一戦、立命大制す

 4月7日、皇子山球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第3節2日目(対立命大)が行われた。関学は、3回に武内(経4)のランニング本塁打で1点の先制に成功する。4回にもボールを見極めランナーをためると、相手投手の暴投で追加点を手にした。先発・原田(経4)もテンポの良いピッチングで相手打線を封じ込める。さらに7回、四球でランナーを出した関学は、6番・高島(商3)のタイムリー2ベースで1点追加。結果3対1で関学はリーグ制覇に大きく関わる1勝を収めた。
 今シーズン初の敗戦となった立命大戦1日目。秋季リーグ戦では1敗でできた悪い流れを断ち切れず、連敗を重ねてしまった。敗戦によってチームにできた空気をどう切り替えるのか。それが今シーズンのチーム大西の課題であった。それ故に迎えたこの日の2戦目は、チームの成長とリーグ制覇のどちらにも大きく関わる一戦となる。マウンドを任されたのは阪大戦、神大戦ともに完封勝利を収めた原田(経4)。序盤からテンポの良いピッチングで立命打線に先制を許さない。一方、関学打線も2回まで三者凡退に抑えられてしまう。関学が流れをつかんだのは3回。8番・武内(経4)が右中間に放った当たりは皇子山球場の広いグランドを転がり、長打となる。武内は足を止めることなく、ダイヤモンドを全速力で走り切った。前戦では奪われた先制点をこの日、守備に定評があり、また主務としてもチームを支える武内が気持ちでつかんだ。「ラッキーでした。けれどチームがあれですごく勢いづいてくれたので、嬉しかったです」と試合後、謙虚に話す武内。その言葉通り、関学は4回にも落ち着いた選球で塁をためると、相手投手の暴投を誘い追加点を奪う。守っては6回の1失点以外にランナーを得点圏に進めない。6回を終え2対1。そして7回にこの日2本目の快音を関学打線が響かせる。4番・中西一(法3)が四球を見極め出塁すると、打席には6番・高島(商3)。エンドランで振り切った打球は左中間へのタイムリー2ベースとなった。その後2イニングを無失点で抑えた原田は、9回のマウンドを妙見(経3)に託す。継投した妙見も安定した好投で反撃を試みる立命大にすきを与えることなく、関学は3対1で快勝した。
 前戦の敗戦を引きずることのなく戦い抜いたチーム大西。前シーズンとは違う成長を遂げた姿がそこにはある。本塁打を放った武内をはじめ、取材を受けるどの選手もそろって口にするのが「ベンチやベンチ外の人たちに対する感謝の思いだ」。一丸となって戦うチーム大西に怖いものはない。リーグ制覇を果たし、必ず全国の地へ向かう。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「去年の反省で、(負けの後の)切り替えを課題としていた。今日の1勝はチームが一回り成長するのにとても意義ある勝利だったと思う。次戦の同大戦も挑戦者の気持ちで戦って、2勝しリーグ制覇したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です