【準硬式野球部】 リーグ戦初の敗北

 4月6日、皇子山球場に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第3節1日目(対立命大)が行われた。関学は初回からエラーなどの間に先制点を取られる。追い付きたい関学だったが、なかなか相手ピッチャーを攻略することができない。そして7回にも追加点を入れられ、関学は0対3で敗北を喫した。
 阪大、神大を相手に「全員野球」で全勝を決めたチーム大西。第3節の相手は、昨春のリーグ戦で優勝を果たした立命大だ。今春季リーグ戦においても立命大を倒すことは、リーグ制覇のキーポイントとなる。この日の先発はエース・妙見(経3)。初回、先頭に死球を与えると、送りバントでつなげられ得点圏にランナーを背負う。4番にタイムリー2ベースを許し、先制点を奪われる。さらにこの回エラーで失点し、2点を追う展開となった。妙見を援護したい関学打線であったが、相手投手の好投で大西剛(経4)のレフト線への単打1本の他に快音が響かない。流れをつかめない関学はさらに7回に連打を浴び1点を失う。最後まで諦めない姿勢を見せるも、相手投手を攻略できず0対3の敗北を喫した。今季初の黒星に悔しさをにじませる選手たち。しかし、連戦のリーグ戦、翌日には再び立命大と対戦する。下を向いている時間はない。試合後、いつもより時間をかけたミーティングを終えた選手たちはすでに次戦を見つめていた。チーム大西がリーグ制覇まで、そして全国を制するまで、立ち止まることはないのだ。

試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「変化球を徹底的に狙っていたが、コースをつかれ打てなかった。でもチームの雰囲気は悪くなっていない。明日は絶対に勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です