【準硬式野球部】 接戦制し2対0で勝利

 4月1日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第2節2日目(対神大)が行われた。先発・原田将(経4)は序盤からランナーを背負うものの、要所をしっかりと抑え神大に点を与えない。試合が動いたのは、7回。先頭・中西一(法3)がヒットで出塁すると、5番、6番がつなぎ1死一、三塁でチャンスを迎える。向山(経4)がレフト線タイムリーを放ち、欲しかった先制点を挙げた。味方の援護をもらった原田はその後も神大に点を与えず、見事完投勝利。関学は2対0で神大戦を2連勝で終えた。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「原田がピンチをしのいでくれた。合宿で苦しいときこそ頑張ろうとやってきたので良かった。次の立命大戦もリズム良く守って攻撃につなげて、勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です