【準硬式野球部】 開幕3連勝!

 3月31日、同志社大学京田辺グランドに於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第2節1日目(対神大)が行われた。初回、1番・長井(法3)が四球で出塁。このチャンスを関学は逃さず、神大のすきをつく攻撃で先制点を手にする。また試合中盤の5回に高島(商3)がタイムリーを放ち、追加点を獲得。4点の援護をもらった先発・妙見(経3)は神大打線を2点に抑え、見事4対2で勝利を収めた。

【対神大】
 春季リーグ戦第2節の相手は、近年チームの組織力を高め強豪校となりつつある神大。主将・大西剛(経4)もこの日から始まる連戦を前に「(神大は)チームとしてとてもまとまっている」と警戒していた。実際、関学は昨年の秋季リーグ戦において一敗を喫しており、油断できない相手だ。
 初回、1番・長井(法3)が四球で出塁しチャンスを作る。この好機を逃したくない関学は続く池田賢(法4)と山崎(社3)が相手の裏をかくプレーで塁を埋め、満塁とする。得点のチャンスで打席には4番・中西一(法3)。しかし、中西一の打球は飛ばず、その間にホームへ走り込んだ三塁走者・長井がフォースアウト。2死二、三塁となり、打席には大西剛が立つ。神大野手陣はピンチのプレッシャーからか、大西が放った打球をまさかのエラー。この間に二、三塁走者が還り、関学は先制点を挙げた。また試合中盤の5回にも高島(商3)がタイムリーを放ち、追加点を獲得した。先発を任されたのはエース・妙見(経3)。安打を打たれながらも、その後は確実に打ち取り神大に点を与えない。しかし何とかして点が欲しい神大は、後半にかけて高めに浮いていた妙見の球を見逃さなかった。6回、先頭がレフト前ヒットを放つ。1死、一、三塁。連打を打たれれば、流れは確実に神大に向いてしまう。ピンチを救ったのはキャッチャー・池田賢だった。二塁走者のリードが大きいことを見逃さず、すかさずけん制。見事、タッチアウトで悪い流れを一変させた。池田と妙見のバッテリーはこの回、失点を最小限に抑え、ピンチを脱する。そして、その後も要所をしっかりと投げ切り、妙見は神大打線を2点に抑え、関学は見事4対2で勝利を収めた。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「先制点を取ることを意識していたので良かったです。神大には昨年、秋季リーグ戦の2戦目で負けているので明日は特に意識して戦いたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です