【準硬式野球部】 6対0で阪大に連勝!

 3月23日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第1節2日目(対阪大)が行われた。関学は初回に阪大のエラーから4点の先制に成功。良い流れでマウンドに立った先発・妙見(経3)が好投を見せ、阪大打線を無失点に抑え込む。両校追加点のないまま、迎えた6回に大西剛(経4)が四球を選び出塁。そして7番・小森(経4)がレフト前にヒットを放ち、追加点を獲得した。その後も妙見は安定したピッチングでこの試合10奪三振を決める。関学は6対0で阪大戦を連勝で終えた。
準硬式野球部 小森
 春季リーグ戦初戦、関学は試合序盤に点を取ることができなかった。対阪大2日目、関学は試合の前半に点を取ることを全員が意識して臨んだ。1番・長井(法3)が相手のエラーの間に出塁。その後、2番・池田賢(法4)の送りバント、続く3番・山﨑(社3)の相手のすきをつくバントヒットで俊足・長井は塁を進めた。そして4番・中西一(法3)が四球を選び、満塁。続く高島(商3)もボール球を見極め、四球を選んだ。これが押し出しとなり、関学は先制点を手にした。相手のエラーもあり、初回に一挙4点を挙げた。先発・妙見(経3)の調子も良く、阪大に反撃の余地を与えない。だがその後の関学打線も決定打となる快音が響かずに6回を迎えた。先頭・大西剛(経4)が四球で出塁しチャンスを作る。そして打席には小森(経4)。追加点が欲しいというチームの思いを受け、小森は見事ライト前にヒットを放つ。初回以降、得点がなく雰囲気が悪かった関学。小森のタイムリーで雰囲気は一変した。「ベンチが盛り上がってくれるから嬉しい」そう小森は話す。関学の野球は「全員野球」だ。ベンチにいる選手も自分がチームのためにできることを考えて行動する。ベンチが声を出し、ベンチから良い流れが生まれる。終盤もエース・妙見は落ち着いたピッチングで、見事10奪三振で阪大打線を封じた。関学は結果、6対0で阪大戦を2連勝で終えた。
試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「初回に点を取れたのがよかった。妙見は安心感があって、一野手として守りやすい。バッテリーの息も合っていてよかった。次も先制点を取りにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です