【準硬式野球部】 阪大打線抑え完封勝利!

 3月22日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第1節1日目(対阪大)が行われた。関学は6回に山崎(社3)が四球を選び、出塁してチャンスを作る。そして、6番・高島(商3)のヒットで先制に成功した。打線の援護をもらった先発・原田将(経4)は、その後も阪大打線をしっかり抑え完封。関学は6対0で開幕戦を見事白星で終えた。

「全国制覇」。今年の目標をそう掲げる関学の春季リーグ戦が開幕した。この目標を達成するためには、関西では負けられない。チームが第1節の阪大戦にかける思いは熱かった。先発を任されたのは原田将(経4)。原田はランナーを出すものの、5回まで阪大打線をゼロに抑える。原田の好投に応えたい野手陣であったが、初戦の緊張からか決定打となる一本が出ない。両校得点のないまま迎えた6回。関学は3番・山﨑(社3)が四球を選び出塁し、チャンスを作り、主将・大西剛太(経4)の送りバントで塁を進める。2アウトランナー二塁、バッターは6番・高島(商3)。この試合ここまでヒットはなかったが、振り切ってボールをレフト前に運んだ。そして二塁走者が三塁ベースを蹴り生還。欲しかった先制点をつかむ。続く7番・小森(経4)も三塁打を放ち、高島も本塁に還り追加点を手にした。「良いピッチングから流れができた」と主将・大西(経4)。その後、関学は全イニング点を追加し、原田は完ぺきに阪大打線を抑え、完封勝利を果たした。「次もゼロで抑える」。昨年の秋季リーグ戦ではチームに迷惑をかけたと振り返る原田は今季、恩返しの気持ちを持ってマウンドに上がる。関学のために全力で投げ切る今季の原田から目が離せない。

試合後のコメント
主将・大西剛太(経4)「前半は少し固さがあったが、原田の良いピッチングから打線に勢いがついた。これからもこの勢いのまま、一戦一戦大事に戦っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です