【剣道部】 女子全日1回戦敗退

 11月14日、春日井市総合体育館に於いて行われた、第29回全日本女子学生剣道優勝大会。関学は1回戦で別府大と対戦。1勝2敗2分で1回戦敗退を喫した。
試合後のコメント
登尾監督「九州の強豪によくぶつかって行ったと思う。攻めきる勇気がもう少し欲しかった。しかし紙一重の試合だった。今日の試合で出た課題を稽古で克服して欲しい」
主将・船曳夏子(文4)「4年生が勝てなかったのが痛かった。池田(社4)も自分も悔いはない。自分たちができなかった関西制覇、全国上位進出を後輩たちに託したい」
1年生ながら全日で勝利をあげた内田有紀(人1)「1年生でも試合に出ている限り勝敗はでるのでとにかく先輩に繋げようと考えていた。その気持ちが試合で出せたと思う。もっとチームに貢献出来るように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です