【硬式野球部】 新人戦、準優勝!

 11月11日、関西学生野球六大学秋季新人戦決勝(対近大)が豊中ローズ球場に於いて行われた。両チームともあと1本が出ず、0―0で試合は進んでいく。そして迎えた8回、近大の途中出場の8番・山本優に適時打を放たれ失点し、0―1で敗北。春に続いて優勝を逃した。また、個人としては決勝で先発した村上雄基(社1)が優秀選手賞を受賞した。
                 R H E
関学 000 000 000=0 4 0
近大 000 000 01X=1 9 1
学)村上、橋本港、岡地、永島―福本
近)横田祐、早野―原田、山本優
 ついに迎えた決勝の対戦相手は、皮肉にも春の決勝戦で大敗を喫した近大。決勝戦の前に「春は悔しい思いをした。優勝しか見えていない」と、主将・石井孝典(商2)が語ったように選手たちは雪辱を誓い、試合に臨んだ。
 序盤、関学打線は近大の先発・横田に翻弄(ほんろう)される。しかし、それに劣らず関学の先発・村上雄基(社1)も6回と3分の1を無失点、11奪三振と好投。決勝は、緊迫した投手戦となった。こうして0-0のまま試合は展開されていくが、関学は8回裏に連打を浴び2死一、二塁のピンチを招く。そして、途中出場の山本優に打球を左中間へ運ばれ貴重な1点を奪われてしまい、0-1で試合は9回へ突入した。どうにか巻き返しを図りたい関学だが、簡単に打ち取られ2死と追い込まれる。ここで打順がまわってきたのは9番・石井。試合後「絶対に負けたくなかった」と語った主将の放った打球は、見事な中前安打となる。だが次の打者を打ち取られ、得点には至らず0-1で惜敗した。
 春に引き続き近大の壁を破れなかった関学。だが結果は0-1と大健闘し、チームは大いなる成長を遂げた。
試合後のコメント
チーム監督・川合洋生(社3)「敗因は、たくさんあったチャンスを活かせなかったこと。しかし、先発の村上や野手陣の必死の食らい付きで、相手になかなか流れを渡さなかった。チームとして強敵に向かっていく物おじしない姿勢を見られたこともよかった。近大への借りは来年返したい」
投手コーチ・清水一史(商3)「投手陣に関しては、よくやってくれた。普段とは違って長いイニングを投げることもあったが、その期待に応えてくれた。新人戦での経験は各々にとって収穫になったと思う」
チーム主将・石井孝典(商2)「最後まで勝つ気でいたので9回の打席でヒットを打てたのはよかった。だが負けてしまったのは、とても悔しい。チーム全体としては、チャンスで打てなかったことが敗因だが、自分たちの形や色を出せたことは収穫だと思う。来年こそは後輩たちに優勝してもらいたい」
優秀選手賞の村上「近大には春に打たれていたので投げ勝ちたかったが、残念な結果に終わってしまった。だが、秋季リーグ戦の経験を生かし緊張せずに投げることはできた。この賞を励みに、これからも頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です