【硬式野球部】 新人戦1回戦突破!

 11月9日、関西学生野球六大学秋季新人戦1回戦(対同大)が豊中ローズ球場に於いて行われた。両チームとも好機を活かせず、0―0のまま迎えた9回。先頭打者・小林祐(経2)の本塁打により貴重な1点を挙げる。そのまま逃げ切り、1―0で同大に勝利した。
                 R H E
関学 000 000 001=1 4 2
同大 000 000 000=0 6 2
学)岡地、村上―福本
同)鈴木、古川、關、国政―茶田、田中
 惜しくも優勝を逃した秋季リーグ戦から3週間が経過し、秋季新人戦が開幕した。初戦の相手は、リーグ連覇を果たした同大。因縁の相手との直接対決が始まった。
 関学は2回、一死から7番・福本匠(人1)が内野安打で出塁する。さらに連続四球で一死満塁の好機を迎えた。しかし、併殺打に打ち取られ、得点へ結び付けることはできなかった。その後、先発・岡地遼太(理2)ら投手陣の好投により無失点に抑えるも、打線がつながらず0-0のまま8回を終える。そして9回表、先頭打者の5番・小林祐(経2)が放った打球は左翼手の頭上を大きく越え本塁打に。「打ったのはインコース高め。放った瞬間入ったと思った」と小林。ベンチの重たい雰囲気を吹き飛ばす一撃だった。こうして勢いのついた関学は、そのまま逃げ切り白星を挙げた。
 春季新人戦では決勝で大敗し、涙をのんだ。秋こそは王者の座を奪うために、チーム一丸となることを心掛けてきた関学ナイン。その結果が今日の勝利へとつながった。残り2戦、チームは頂点を目指し突き進んでいく。
試合後のコメント
チーム主将・石井孝典(商2)「新人戦がはじまる前にミーティングを行い、気持ちをひとつにして臨んだ。今日の試合は両チームともミスが多かったが、小林が打ってくれてよかった。優勝しか見えていないので、明日はミスしないようにしたい」
本塁打を放った小林「打った瞬間入ったと思った。この勢いで明日につなげたい。チーム的にはミスも多かったので、明日は初球から攻めていき、必ず勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です