【ボート部】 2種目が準決勝進出の好スタート!

 11月5日~7日に加古川大堰ボートコースに於いて行われている第21回関西学生秋季選手権(加古川レガッタ)。大会1日目の今日は各種目の予選が行われた。男子ダブルスカルと新人男子エイトは見事、準決勝進出。また、男子舵手つきフォアと新人女子舵手つきクォドブルは明日の敗者復活戦での準決勝進出を
狙う。
試合後のコメント
主将・川谷公昭(経3)「男子ダブルスカルは勝って当然という感じだったが、新人男子エイトに関しては上出来。男子舵手つきフォアと新人女子舵手つきクォドブルは明日の敗者復活で準決勝行きを決めてくれると思う。新人男子エイトは厳しい練習をしてきたが、1年生はよくついてきてくれた。練習量はどの大学にも負けてないと思う。1000メートルあたりから他大学はスピードが落ちてくるから、その間に抜かせたのがよかった。予選では関学の新人男子エイトのタイムは全体で2位。1位との差は1秒だったので、その差をひっくり返して優勝できるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です