【アメリカンフットボール部】 関京戦制す

 10月17日、関西学生リーグDiv1.第4節(対京大)が西京極陸上競技場に於いて行われた。伝統の一戦となったが、関学は攻守ともに力の差を見せつけ29―0で完封勝利した。次戦は立命大との全勝対決となる。
試合後のコメント
鳥内監督「練習してきたことがちゃんとできた。だがまだ完成度が低い。次の立命大に向けてもしっかり準備していきたい」
主将・平澤徹(商4)「ディフェンスは完封しようと思って完封できたので良かった。全体としては70点。チームのレベルは上がってきているが、立命大にはまだ及ばない。だがこの二週間でやることができれば勝てると思う。今までやってきた取り組みをすべて発揮したい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. クマさん より:

    京大戦で、オフェンスラインとボールキャリアのタイミングが合ってきましてね。特に右オフタックルの攻撃は見事でした。この調子でランアタックの完成度を高めて下さい。ちなみに京大戦でパスアタックが少なかったのは、立命館のスカウトを意識して封じていたのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です