【硬式野球部】 関大に敗北。明日は必勝!

 10月16日、関西学生野球六大学秋季リーグ対関大1回戦がわかさスタジアム京都に於いて行われた。関学は初回から1死満塁の好機を得ると、5番・山崎裕貴(経1)の右前適時打で先制。その後、両者ともに動きを見せず終盤へと突入する。そして7回、関大の代打・水野謙に中前適時打を放たれ、1―1の同点とされると、9回には連打で2点を加えらた。そのまま試合は終了し、1―3で関大に敗北。関学は、リーグに向けて窮地に立たされた。
                 R H E
関大 000 000 102=3 9 3
関学 100 000 000=1 5 1
関)横山、近藤、吉川―永松
学)飛嶋―山崎裕
 優勝へ向けての大一番となった伝統の一戦・関関戦。今季は会場を甲子園からわかさスタジアムに変えて火花を散らした。
 先に試合を動かしたのは関学。初回から1番・越智英貴(社3)が死球で出塁すると、野選や安打で1死満塁の好機が訪れる。ここで打席に立ったのは、前節の対同大2回戦からスタメン復帰を果たした5番・山崎裕貴(経1)。山崎裕は初球を巧みに右翼線へと運び、これが適時打となって先制に成功した。また先発・飛嶋真成(法3)は立ち上がりの制球に苦しみながらも失点は許さず、徐々に自らの投球を取り戻していった。
 飛嶋が無失点で切り抜ける一方で、打線は初回の1点を最後に奮わずにいた。そんな中迎えた7回表。1死から7番・松岡良に中越二塁打を放たれ、飛嶋はこの日初となる長打を許す。その後8番を歩かせたあと、代打・水野謙に中前適時打を放たれ、終盤で1-1と追いつかれてしまう。なんとしても勝ち越したい関学であったが、7回から代わった投手・吉川のテンポの良い投球を前に得点の好機を得ることができない。そしてついに最終回。2死から2番・桝井の中前安打を皮切りに、四球と連打で2失点。1-3と逆転された。関学は9回裏の攻撃でも吉川を打ち崩すことは出来ずにそのまま試合終了。1-3で敗れ、大事な初戦を落とした。
 リーグ優勝を目前に、苦戦を強いられることとなった関学。優勝への望みを懸け、明日は必ず勝利をつかむ。
試合後のコメント
清水監督「飛嶋はいつもよりコントロールが悪かった。打線がもっと援護できたら良かった。全体的に優勝を意識し過ぎていたかもしれない」
主将・大西浩平(社4)「気持ちを切り替えて、明日は必死に戦う。勝ち方ではなく勝利にこだわりたい」

SNSでフォローする
Comments (3)
  1. 中嶋 より:

    初戦は残念な結果になりましたが、今日は絶対に勝って下さい!
    昨日は選手もスタンドも異様にテンションが高かったように感じました。今日はリラックスして、頑張って下さい!

  2. 西宮の佑ちゃん より:

    昨日は関学も堅くなっていたのかも知れません。今日は開き直った気持ちでやれば間違い無く勝てるはずです。頑張れ!関学・野球部!

  3. 杉本 より:

    今日は開き直って自分達の野球をして下さい。頑張れ!関学・野球部!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です