【準硬式野球部】 リーグ最終戦、接戦の末勝利

 10月7日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第5節2日目(対関大)が行われた。関学は4回に先制を許し、また6回にも1点を追加される。しかし、6回に代打・弘中(文2)がチャンスを作った。続く長井(法2)がツーベースヒットを放ち、俊足の弘中が生還。この回さらに高島(商2)のスリーベースヒット、山崎(社2)の犠牲フライで同点に追い付く。この後、両校に点が入らず、試合は延長へ。最後は粘り強さが功を奏し、相手のエラーから4対3のサヨナラ勝利を収めた。
【有終の美、飾る】
 秋季リーグ戦初節・神大戦2日目。関学は格下の相手を前にまさかの敗北を喫した。新チームとなって初めての壁にぶち当たっていた。しかし、リーグ戦終盤で関学は5連勝といつもの調子を取り戻していく。迎えた、最終節・対関大。1日目は2対0とロースコアのゲームをものにした。全10試合を締めくくる最後の一戦に、チーム大西は全員野球で挑み、延長戦の末勝利をもぎ取った。
【粘りの全員野球】
 1、2回を両校無得点に終えると、3回先攻の関大に先発・吉山(総2)がつかまり1点を先制されてしまう。その裏を相手投手の好投で三者凡退に打ち取られてしまった関学。悪い流れは続き、4回、6回にも1失点ずつ許し、3点をリードされる。しかし6回裏、ついに関学打線が炸裂した。代打・弘中(文2)が出塁すると、足を活かし盗塁。続く長井(法2)がセンターへのツーベースヒットを放つと、俊足の弘中は三塁ベースを回り一気にホームベースへ。チャンスメーカーが生んだ執念の1点に関学ベンチは盛り上がりを見せる。さらに1死二塁、打席には阪大戦で逆転タイムリーを放った高島(商2)。2球目をうまくライトへ運び三塁打で、2点目を返した。また、四番・山崎(社2)がセンターへ犠牲フライを放ち、高島が生還。この回一挙3点を奪い、同点に追い付いた。ゲームは最終戦らしく、その後両校一歩も譲らぬ攻防の末、延長10回へ。粘り強い関学の攻めの姿勢が攻を奏し、相手のエラーを誘う。2番・武内(経3)のサードへの打球を相手がエラーし、4対3で関学はサヨナラ勝利を収めた。関学はこの勝利で6勝4敗となり、秋季リーグ戦を2位で終えた。
この試合チャンスメーカーとなった弘中(文2)のスライディング

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です