【準硬式野球部】 5―2、阪大に勝利

 9月30日、大阪南港中央球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第4節1日目(対阪大)が行われた。関学は初回、先制に成功し試合の流れをつかむ。3回に同点に追いつかれるが、5回に高島(商2)の2点タイムリーで勝ち越し、5対2で阪大を下した。
 今季初の3連勝を手にした関学。主将・大西(経3)は「なかなか取れなかった先制点を取れたのは大きかった」と振り返る。初回、先制に成功し、続く2回には6番・高島(商2)の内野安打を皮切りに点を重ねていった。このまま関学ペースで進むかと思われた3回。2点を返され、同点に追いつかれてしまう。だが、その後は先発の原田将(経3)が踏ん張りをみせ、相手の反撃を抑え込んだ。試合を決定付けたのは5回だ。先頭長井(法2)がセンター前ヒットで出塁する。二死満塁の好機で、打席には高島が入った。初球をレフトへと運び、勝ち越しに成功。4回以降は阪大打線に得点を与えず、5―2で勝利した。
 残すところわずかとなった秋季リーグ戦。残り2試合も関学は関学らしい粘り強い全員野球を見せつける。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です