【硬式野球部】 初回に猛攻!京大に連勝

 9月26日、スカイマークスタジアムに於いて関西学生野球六大学秋季リーグ対京大2回戦が行われた。関学は初回、打者一巡の猛攻で5点を先制。その後、さらに得点を加えていき、京大を突き放す。一方、先発の蒔野健太(文2)を始めとする投手陣も失点を2点に抑える好投を見せ、9―2と快勝。また主将・大西浩平(社4)は5打数4安打の大活躍を見せた。関学は京大に連勝を収め、勝ち点を手にした。
                 R H E
京大 000 001 001=2 5 3
関学 510 100 11×=9 13 1
京)平井、内藤、山敷―久保津
学)蒔野、樫岡、村上、岡地―福本、山崎裕
 前日、3―0で勝利したものの、納得のいく内容ではなかった関学。積極的にプレーすることを誓い、意気込んで試合に臨んだ。まずは初回、京大の先発・平井が不安定な立ち上がりを見せる。いきなり三者連続四球で思いがけず得た、無死満塁の好機。打席には4番・萩原圭悟(商2)。見事、右前安打を放ち、2点を先制した。その後も打線はつながり、この回一気に5得点を挙げる。その後、打線は衰えることなく、7回までに得点を8に伸ばした。8回には主将・大西浩平(社4)のこの日4本目の安打により、だめ押しの1点を加える、結果として、13安打を放つ猛攻で9点を奪った。一方の関学の先発は蒔野健太(文2)。5回6三振の力投で、京大打線を圧倒する。そしてリリーフ陣も蒔野を援護。7回からマウンドに上がった樫岡徹(商4)は、先頭打者に三塁打を打たれ1点を献上するが、その後は出塁すら許さなかった。続いて8回にマウンドに上がった急成長中の右腕・村上雄基(社1)らもしっかりと守りきり、9―2で勝利した。
試合後のコメント
清水監督「先制点を取れて良かった。(途中出場の)山崎裕貴(経1)が完全に復帰してくれればベストなメンバーがそろう。次の同大戦は悔いのないようにしっかり戦う」
主将・大西浩「昨日の反省から、試合前に初球からしっかり振っていこうと話していた。それを初回から実行できて良かった。同大戦まで2週間あるので、良い部分は持続できるように、課題はしっかり練習で詰めて臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です