【硬式野球部】 飛嶋、今季3度目の完封勝利!

 9月25日、スカイマークスタジアムに於いて関西学生野球六大学秋季リーグ対京大1回戦が行われた。関学打線は初回、4番・萩原圭悟(商2)の犠打で先制すると、3回にも相手の失策が絡み2点を追加。3―0とリードする。投げては、先発・飛嶋真成(法3)が安定した投球を見せる。不運な安打を含む被安打2の好投で、序盤のリードを守りきり、3―0で京大に勝利した。
                 R H E
関学 102 000 000=3 4 1
京大 000 000 000=0 2 1
京)安土、山敷―久保津
学)飛嶋―福本
 近大戦の惜敗から一週間。小さなミスが命取りになることを学んだ関学は、集中力を高めて京大戦に臨んだ。
 まず初回、関学は1番・越智英貴(社3)が右中間を破る二塁打で出塁。すぐさま犠打で三塁へ進塁すると、4番・萩原圭悟(商2)の犠飛で幸先良く先制に成功した。また3回にも相手の守備のミスや3番・松浦大則(商3)の中前適時打により2点を追加。序盤から3-0とリードを奪った。
 関学の先発は、初戦ではお馴染みとなってきた飛嶋真成(法3)。立ち上がりにやや不安のある飛嶋であったが、この日は違った。初回から2つの三振を奪うと、ストライク先行の投球で4回までをすべて三者凡退に仕留めてみせた。それ以降も京大打線を2安打に抑えるほぼ完璧な内容。京大に反撃の余地を与えなかった。
 一方、関学打線は4回以降、京大の先発・安土の投球に翻弄(ほんろう)される。5回には3番・松浦、9回には8番・福本匠(人1)の二塁打が飛び出すも、後が続かずにフライアウトを多発。今年からフォームをサイドスローに変え、安定感を増した安土を前に攻め立てることができない。こうして回は進んでいき、3-0のままゲームセット。序盤のリードを守りきった関学は、まず一勝を手にした。また飛嶋は今季3度目となる完封勝利を収めた。
 勝利したものの、試合後に「今日の攻撃は積極性が欠けていた」と渋い表情を見せた主将・大西浩平(社4)。明日は気持ちを切り替えて、積極的にバットを振ることを約束し、一戦目を終えた。
試合後のコメント
清水監督「飛嶋がナイスピッチングをしてくれた。フォームも安定し、非常に良かった。バッティングが課題。守備から攻撃へと、いい流れを作っていきたい」
主将・大西浩平(社4)「ヒットを打ちたい気持ちから、全体的に大振りしてしまっていた。初球を見逃したり、自分にとって良いボールを待ちすぎていたところがある。明日は積極的に戦って勝ちにいきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です