【フェンシング部】 実力差見せつけられ敗北

 9月25日、大山崎町体育館に於いて関西学生フェンシング選手権(フルーレの部)が行われた。男子は1回戦(対近大)に17-45、2回戦(対関大)には31-45と敗北。女子も1回戦(対関大)に16-45、2回戦(対同大)に6-45と大敗した。
試合後のコメント
主将・山地貴士(社3)「関学は、十分な戦力を持っている。しかし、1部のレベルはまだ高く、実力差を痛感した。明日のエペは、関学の得意とする種目。全日本インカレ出場を目標に頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です