【準硬式野球部】 連敗ストップ、立命大に勝利

 9月19日、皇子山球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節2日目(対立命大)が行われた。関学は3回に山崎(社2)が犠牲フライを放ち先制に成功する。しかし、5回に1点を返され、同点へ。先発・吉山(総2)が好投を見せる中、7回に勝ち越しの1点を奪い2対1で勝利した。吉山は9回まで完投。連敗中のチームに大きく貢献した。
 神大にまさかの敗北を喫し、その日から4連敗。チームには悪い空気が立ち込めていた。「なんとか空気を変えたい」。もう負けは許されないプレッシャーをはねのけ、吉山佳佑(総2)がマウンドに登った。序盤はあまり力を入れず、軽く投球するように心掛けた。右打者にはスライダー、左打者にはツーシームを中心に順調に打ち取っていく。打線は3回、先頭・吉山が内野安打で出塁すると、盗塁とエラーでチャンスを広げる。三番・山崎(社2)がレフトへの犠牲フライを放ち、三塁走者が生還。先制点を奪った。その裏、援護を受けた吉山は、反撃に燃える相手を3人で締めリードを守る。しかし5回、エラーから1点を返され同点へ。その後もどちらが勝ち越すか、誰にも予想できない展開が進む。さらに6回、関学はノーアウト一、二塁のピンチを迎えた。「あのイニングが今日のポイントだった」。試合後そう話す吉山。二者連続で出塁を許した後を、三振、ファールフライ、三振と三者連続で打ち取りピンチを脱した。良い流れは攻撃にも続き、先頭・池田(法2)が二塁打で勝ち越しのランナーとして出ると、エラーを誘い生還を果たす。2対1、まだまだ油断は許されないロースコアである。しかし吉山は後半になるにつれ調子を上げていき、安定したピッチングで無失点に抑え切った。
試合後、連敗続きのチームに久々の笑顔が見えた。「目の前の一勝」にこだわり戦っている部員たち。しかし、リーグ戦が始まってから思い通りの結果を残せずにいた。同大戦の大敗後、チームは着実に変化を遂げてきた。秋季リーグ後半戦、一戦一戦強さを増していくチーム大西に注目である。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です