【陸上ホッケー部女子】 初戦を白星で飾れず

 9月18日舞洲ホッケー場に於いて、関西学生ホッケー秋季リーグ戦第1戦(対体大戦)が行われた。関学は序盤から大体大の猛攻を受ける。前半は1失点で抑えるも、後半は集中が切れ3失点。反撃もできず、0―4で敗北した。
試合後のコメント
主将・入江佐江子「1点とり2失点に抑える目標は達成できなかった。納得のいかない試合だった。ただ、夏に下級生の底上げに力を入れた成果は出ていたと思う。明日の聖泉は春にボロ負けしている。その頃よりはチームができているので、成長が見られるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です