【硬式野球部】 飛嶋、2試合連続完封!

 9月18日、わかさスタジアム京都に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ対近大1回戦が行われた。関学打線は、相手先発・中後の前に6回まで1安打に抑えられる。しかし7回、無死から3番・松浦大則(商3)が三塁打を放ち、好機をつくる。その好機を安打と相手の失策で生かし、見事に2点を奪った。一方、先発・飛嶋真成(法3)は立命大戦に続き、近大打線をも完封。関学は2―0で勝利した。
                 R H E
近大 000 000 000=0 5 2
関学 000 000 20×=2 3 1
近)中後、宮本―田中祐
学)飛嶋―福本
 前節、立命大に連勝し勢いに乗る関学。対するはその立命大に惜敗し、優勝へ向け巻き返しをはかる近大。リーグ制覇のために、両者ともに決して落とすことの出来ない一戦となった。
 関学の先発は、立命大戦で完封勝利を挙げた飛嶋真成(法3)。初回、立ち上がりに四球や安打、捕逸が重なり1死満塁の危機を迎える。だが5番、6番をしっかりと打ち取りこの回を無失点で切り抜けた。初回の危機を脱した飛嶋は、その後は落ち着きを取り戻し、中盤まで相手打線を3安打に抑える好投。走者を出すことがあっても自らの手で2度併殺に仕留めるなど、流れを決して渡さなかった。だが同じく好投していたのが近大の先発・中後。左打者の多い関学打線は、左腕の中後に対し6回までわずか1安打と攻めあぐね、両者譲らぬ攻防が続いた。
 試合が動いたのは終盤に差し掛かった7回裏の関学の攻撃。先頭の3番・松浦大則(商3)がフルカウントから思い切りバットを振り抜き、打球は左翼手の頭を越えて三塁打となった。この日初となる先頭打者の出塁に、ベンチやスタンドは大いに盛り上がる。そして、迎えた打者は4番・萩原圭悟(商2)。先ほどの打席でもチーム初安打を放っていた萩原の打った球は、痛烈なゴロとなって一塁手を襲う。それが適時内野安打となり、関学はついに先制した。またその後も相手の守備のミスから追加点をあげ、この回に大きな2点を奪った。
 2点の援護を受けた飛嶋はその後も好投を見せる。最終回には味方の失策もあり、1死一、三塁の危機を迎えるも、落ち着いてその後の打者を打ち取り、2-0で試合終了。関学は近大に先勝し、飛嶋は2試合連続完封の快挙を成し遂げた。
試合後のコメント
清水監督「相手が好投手なので、継投策で一勝をとりにいく予定だった。飛嶋はコントロールがいい。とても良いピッチングをしてくれた」
主将・大西浩平(社4)「 (近大の先発)中後は良い投手なので、この1週間対策を練ってきたが攻略はできなかったのが悔しい。でも、全員で守り抜けて勝てたのは嬉しい。ベンチも大きな声をかけてくれて、本当にチーム一丸となっていた。明日もチャンスをしっかり生かして勝ちたい」
先制点につながる三塁打を放った松浦「前半に点をとれず、自分のバットで何とかしようという気持ちがあった。チャンスをつくれて、点につながったのが良かった。明日もきん差の戦いになると思うので、打撃で貢献したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です