【準硬式野球部】 全日覇者・同大を前に大敗

 9月14日、豊中ローズ球場に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第2節1日目(対同大)が行われた。関学は先発・妙見(経2)が2回に同大打線に捕まり、先制を許す。3回にも8点の大量得点を奪われ、リードを広げられる。相手投手の好投に最後まで関学打線はヒットを放てず、0対13、7回コールド負けとなった。
【大敗】
 この日の先発はエース・妙見(経2)。しかし妙見はこの日、同大打線につかまった。2回、妙見はツーベースヒットの二連打を放たれるなど2点を奪われる。さらに3回には、五連打を含む7安打を放たれ8失点と完全に主導権を握られた。流れを断ち切りたい関学は、継投するも同大の打線を止めることはできず、4、5回にも失点。一方の攻撃も快音が鳴り響かない。3回の妙見と6回の長井(法2)の二安打のみに抑えられた。その後も関学は力の差を見せつけられ、0対13の7回コールド負けを喫した。「今日のことは、割り切って考えて、今後は自分たちの野球をしっかりやる」と前を向いた主将・大西(経3)。その言葉通り、このままでは終われない。自分たちの力を信じて、関学はこれからもライバルたちとの勝負に挑んでいく。
ピッチャーマウンドに集まる野手たち

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です