【バドミントン部男子】 立命大に惜敗

 9月14日、大阪市中央体育館に於いて平成22年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦(対立命大)が行われた。両校譲らぬ戦いを見せ、2―2の同点に。勝負の懸かった第3シングルス。関学はあと一本が出ず2―3で惜敗を喫した。
試合後のコメント
主将・山下貴士(経4)「第3シングルスは選手層の差が出てしまった。明日の関大戦は関関戦のリベンジを果たしたい。また4年生の最後の試合なのでしっかり勝って終わりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です