【硬式野球部】 立命大に連勝!勝ち点1を獲得

 9月12日、皇子山球場に於いて、関西学生野球六大学秋季リーグ対立命大2回戦が行われた。
 関学の先発は、春季リーグ戦から活躍を続ける蒔野健太(文2)。蒔野は初回を三者凡退に抑えると6回まで被安打1の好投を見せる。
 一方、打線は1回、4番・萩原圭悟(商2)、5番・谷雄太(商2)の連続適時打で2点を先制。続く2回にも1番・越智英貴(社3)の左前安打で点を追加する。その後、蒔野は7回に1失点するも、安定感のある投球で、序盤のリードを守りきり、3―1で勝利。関学は立命大に連勝し、優勝への第一歩となる勝ち点1を挙げた。
                 R H E
立命 000 000 100=1 5 3
関学 210 000 000=3 10 0
学)蒔野―福本
立)小松、余語、山田、永田―新田
 
 前日、飛嶋真成(法3)が堂々の完封勝利で復帰し、明るい幕開けとなった今季の関学。立命大に連勝し、リーグ制覇への道を切り開きたい。
 初回、いきなり関学に好機が訪れる。1番・越智英貴(社3)が左前安打で出塁すると、犠打で進塁。迎えた3番・松浦大則(商3)の中前安打を皮切りに上位打線が連打を放ち、2―0と先制に成功した。だが、下位打線も負けてはいない。2回の攻撃、打席には7番・大西浩平(社4)が入る。そしてファウルからの2球目を振りぬくと、打球は左翼手後方のフェンスに直撃。ベンチもスタンドもその一振りに、どっと沸いた。「勝つことだけを考えて打った」当たりは完璧な二塁打となり、関学は無死二塁の絶好の機会を得る。その後、大西は相手の失策で三塁へ進み、2死三塁で再び1番・越智。追加点の期待を背負った越智の3球目は左翼手の前へと落ち、見事に1点を追加、3―0と序盤からリードする。
 投げては春季、最多勝を獲得した実力派左腕・蒔野健太(文2)が好投を見せる。蒔野は初回を三者凡退に抑えてリズムを作ると、コントロールも安定し、立命打線にフルスイングを許さない。6回まで被安打を1に抑える堂々たる力投を披露した。ところが7回、終盤の疲れからか、下位打線に苦戦。2死から6番・松島に二塁打を放たれると、7番・新田に初球を左前に運ばれて1点を与えてしまう。だが、今までに幾度と完投の経験を持つ蒔野。続く8回をきっちり3人で抑えると、9回まで投げ切り、関学は3―1で勝利した。 
 「序盤の先制点を、全員で守りきる」。この積極的な守りの野球こそ関学野球の真髄である。立命大を相手に、自分たちのプレースタイルで勝ち点1を手にした。次に迎えるは、春に連敗を喫した近大戦。関学の戦いは始まったばかりだ。
試合後のコメント
清水監督「蒔野はとてもコントロールが良く、思ったところに投げられていた。相手打線にフルスイングさせていなかった。打線は、1年生が戦力となってくれている」
主将・大西浩平(社4)「春とはチームの雰囲気が変わった。後輩たちが思い切ってプレーしてくれている。小さなことだが、今のチームには大きく良い影響を与えている。全員がチームのために力を尽くし、近大戦も臨んでいきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です