【硬式野球部】 飛嶋が完封!リーグ開幕戦を制す

 9月11日、皇子山球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対立命大1回戦。秋季リーグの開幕戦となる今試合。関学は序盤に7番・大西浩平(社4)の左中間を破る適時三塁打で先制。さらに、終盤にも相手のミスや連打で3点を追加し、4―0で勝利を収めた。また、けがからの復帰を果たした先発・飛嶋真成(法3)も好投し、見事に完封勝利を挙げた。
                 R H E
関学 010 000 102=4 10 0
立命 000 000 000=0 7 1
立)澁谷、小松、山田、永田、北岡、工藤―新田
学)飛嶋―福本
 秋季リーグ開幕戦となった立命大戦。大事な初戦、先発のマウンドに上がったのはこの夏、けがからの復帰を果たした飛嶋真成(法3)だった。飛嶋にとって、実に2年ぶりとなる公式戦。リーグ優勝はもちろんのこと、飛嶋の復活を懸けた戦いが始まった。
 先に得点の好機が訪れたのは関学だった。2回、先頭打者の4番・萩原圭悟(商2)が左前安打で出塁し、犠打や進塁打で三塁へと進むと、7番・大西浩平(社4)が左中間を真っ二つに裂く適時三塁打を放つ。「自分がチーム初打点を挙げる」と意気込んで打席に臨んだ主将の一打で、関学は幸先良く先制に成功した。また、飛嶋は初回に2つの四死球を出すなど立ち上がりから制球に苦しみながらも、ここぞという場面で打者をきっちりと打ち取っていった。こうして無失点のまま回は進み、1-0のまま試合は終盤へとさしかかった。
 今までの関学野球ならば、この1点を守り切って勝利となるケースが多かったが、今季の関学は違った。継投でさらなる失点を防ごうとする立命大に対し集中を切らすことなく、7回に1点、9回にはクリーンアップの連打で2点を奪い、4-0と終盤で立命大を突き放す。そして迎えた9回裏。ここまで好投を続けた飛嶋は先頭打者の6番・松島に安打を許し、続く7番の代打・吉田の打球は飛嶋の足元を抜けセンター方向へ。この当たりを遊撃手・籾山雄斗(経1)が好捕し落ち着いて併殺に仕留め、その後も立命大の反撃を許すことなく試合は終了。4-0で勝利を収めた。
 試合後に「バックに助けられた」と飛嶋が語ったように、味方の再三の堅守も光る、まさに全員で勝ち取った勝利だった。飛嶋は完封勝利で堂々の復活を見せ、関学は開幕戦を白星スタートとし、リーグ制覇へ向け好発進を見せた。
試合後のコメント
清水監督「今日は終盤に追加点を取れたことが大きかった。先発の飛嶋も、1年生の秋以来の先発だったが、安定していた。今季のチームは戦力も厚くなってきて、底上げもできていると思う」
先制の適時打を放った主将・大西「(好機で回ってきた時)絶対自分が返すという気持ちで打席に入ったので、打てて良かった。チームは春に悔しい思いをして以来、勝つための練習をしてきた。今日はスタンドも一体になれて、それが勝利にもつながった。とにかく明日も勝って、2連勝して勢いに乗りたい」
完封勝利を挙げた先発・飛嶋「今日のピッチングは自分としては良くなかったが、周りに助けられて(完封勝利という)結果を出すことができた。投げられることが本当に有難い。今季はけがなくシーズンを投げきり、勝ちをふやしていきたい」

気持ちのこもった投球を見せる飛嶋
先制適時打を放つ大西

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です