【準硬式野球部】 8回コールド、開幕戦を制す

 9月9日、わかさスタジアム京都に於いて関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第1節1日目(対神大)。関学は、先発エース・妙見(経2)が安定したピッチングを見せ無得点に抑える。打線も、好調の長井(法2)を筆頭に得点を重ね妙見を援護した。結果7対0で、8回コールド勝利。リーグ戦、全勝優勝へ関学は好スタートを切った。
 ついに開幕したリーグ戦!開幕試合の4番に座ったのは、中西一成(法2)だ。この日、中西一はチャンスで2度も長打を放ち存在感をアピール。中西一の3打点の活躍もあり、関学は7対0で8回コールド勝ちを収めた。
【豪快2連発】
 新チームで挑む最初のリーグ戦。主将・大西(経3)は「目標は、全勝で優勝すること」と力強く意気込む。関学はチーム一丸となり、負けられない初戦に挑んでいった。ゲームは序盤から関学ペースで進んでいく。5回、先頭の長井が出塁し、盗塁を決め2死二塁のチャンスを作った。ここで打席には、この日4番に座った中西一。投じられた2球目を鋭いスイングで右中間に運び、タイムリーツーベースヒット。さらに6回、2死一、二塁の好機で、中西一に打順が回る。中西一は初球を見逃さず、豪快に振り切った。すると今度は、レフトの頭上を大きく越えて、再びタイムリーツーベースヒットとなる。ここでも4番は落ち着いたバッティングを見せた。
【スラッガー】
 得点圏の場面で、2本のツーベースヒットを放った中西一。開幕戦で勝負強いバッティングを遺憾(いかん)なく発揮し、関学を勝利に導いた。今後も若きスラッガーが関学を勝利に導いてくれるだろう。
【長井4安打】
 長井(法2)の勢いが止まらない。1回、トップバッターである長井は、いきなりツーベースヒットを放つ。さらにその後の打席でも、持ち前の勝負強さを発揮する。1試合4安打の固め打ちでチームの勝利に貢献した。また、出塁することでチャンスメイク。1番打者としての役割もしっかりと果たした。安定感抜群のリードオフマンに今後も注目だ!
4安打を放った長井(法2)
3打点の活躍を見せた中西一成(法2)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です