【バドミントン部男子】 近大に屈する

 9月8日、大阪市中央体育館に於いて平成22年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦(対近大)が行われた。関学は、春季リーグ戦王者の近大に苦戦を強いられる。試合の流れを奪えず、1―4で敗れた。
試合後のコメント
主将・山下貴士(経4)「西日本インカレでけがをした選手がいたり、体調不良の選手もいてベストメンバーで臨むことができなかったし、近大との力量差もあった。残りの3戦はこの敗北を引きずらず切り替えて、全勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です