【ラクロス部女子】 3連勝ならず

 9月4日、堺市立サッカーナショナルトレーニングセンターに於いて行われた関西学生ラクロスリーグ戦(同大戦)。前半開始、立て続けに得点を許し0-2と出遅れる。そんな中DF馬野(総3)の攻撃を皮切りにAT志渡(社3)も得点を決める。だがまたもや同大に得点を決められ、2-3で後半へ折り返す。後半は一進一退の展開となる。残り90秒で同大のショットが決まる。試合終了がせまる中、志渡のショットがゴールへ突き刺さる。5-5で勝ち星を挙げることは出来なかった。
試合後のコメント
主将・山田温子(社4)「自分達のミスから失点してしまった。でもボールを持ったときは粘り強く戦っていけてよかった。残りの試合、自分達のリズムをちゃんと作って勝ちにいきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です