【庭球部】 男子タブルス桑原・深井組、夏関制す!

 8月15日、江坂テニスセンターに於いて行われた、関西学生テニス選手権大会。男子シングルス決勝に杉森駿(経2)が出場した。果敢に攻撃をしかけるも、吹き荒れる風の影響で思うようなプレーができず、セットカウント2‐0で敗北した。
 女子ダブルス決勝には、立入彩夏(社3)・上地敦子(商1)組が出場。立ち上がり2ゲームを先取するが、逆転を許し、第1セットを落としてしまう。続く第2セットも、流れを断ち切ることができず、ゲームカウント2‐6で準優勝に終わった。
 そして、男子ダブルスでは桑原伸浩(経4)・深井陽介(商3)組が優勝を収めた。息の合った攻撃で次々と得点を重ね、第1セットを6‐3で先取。強敵相手に最後まで粘り抜き、夏の王者へと登りつめた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です