【陸上ホッケー部女子】 力の差を痛感

 7月31日、舞洲ホッケー場に於いて行われた、第38回西日本学生ホッケー選手権大会。関学は中京大と対戦するも力の差を見せつけられ、0―10で敗北した。
試合後のコメント
主将・入江佐江子(理3)「テストなどで練習もあまりできず、調整がうまくいってなかった。防げた失点も何個かあった。暑さで体力が奪われて、集中力が切れていたので、暑さに負けない体力をつける。今日悪かったところを修正して、この大会で1勝したい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 日本一暑い多治見より より:

    今の皆さんが歴史を創るのです。陰ながら見守っている人も多いと思います。是非とも熱い思いが叶いますように!頑張れ関学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です