【レスリング部】 材木貫禄V

 7月10日、なみはやドームに於いて西日本学生新人戦(グレコローマンスタイルの部)が行われた。関学の選手が次々と敗退するなか、120㌔級昨年度2位の材木(人2)が優勝を果たし栄冠を手にした。明日行われるフリースタイルの部での2冠に期待がかかる。
試合後のコメント
主将・尾久土竜也(経4)「材木の実力を考えれば優勝できると思っていた。決勝戦はとても内容のいい試合だったので明日につながると思う。ぜひ2冠を達成してほしい。また、藪(教1)が良い試合をしていたので、それが収穫だった。明日出場する選手には頑張ってもらいたい」
材木聖史「今日はあまり調子がよくなかったけど、優勝するという気持ちでやった。とりあえず1冠出来て良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です