【ヨット部】 両クラスで強さを見せつけた!

 6月27日、新西宮ヨットハーバーに於いて、関西学生ヨット夏季選手権大会が行われた。
 国際470級では、笠井大樹(商3)・俣江広敬(経1)組が1位、小栗拓也(商4)・溝上遣斗(商2)組が3位に入賞。一方、国際スナイプ級では、西尾将志(理3)・辻川亮太(商3)/難波尚之(社1)組が1位と、関学勢が両クラスを制覇した。
 また団体戦においても、国際470級で関学Aチームが1位、国際スナイプ級で関学Bチームが2位と、優秀な成績を残した。
試合後のコメント
主将・小栗拓也(商4)「昨日がノーレースになり、今日一日で結果が決まるので1レースを大事にしようと話した。結果は良かったが、セオリーを外したプレーが見られ、反省点が多い。全日本出場のかかった、ミスが許されないレースが続くので、早く改善したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です