【硬式野球部】 新人戦、堂々の準優勝!

 6月24日、豊中ローズ球場に於いて関西学生野球六大学春季新人戦が行われた。
 まず午前中に行われた準決勝、関大戦は初回、先頭打者の徳山靖(商1)が中前安打で出塁すると、4番・谷雄太(商2)の犠飛で先制に成功。また5回には、6番・林の2点適時三塁打などで4点を加え、5―0とする。
 一方、先発投手・永島太一(商1)は好投を見せる。走者を背負うも勝負所はきちんと抑え、6回まで無失点。7回には1点を入れられるも、その裏に打線が3点を援護。決して流れを渡さなかった。そのまま、試合時間規定により8回で試合終了。8―1と快勝を収めた。
 そして、引き続き行われた決勝対近大。関学は、初回から先発・小林正幸(社2)が連打を浴び、2点を先制され、3回にも3点の追加点を許す。反撃の糸口をつかみたい関学であったが、相手先発・木下の前に打線がつながらなかった。結果は0―9と完封負け。悔しい敗北であったが、堂々の準優勝となった。また今大会、関大戦で好投した永島が優秀選手に選ばれた。
準決勝
              R H E
関大 000 000 10=1 8 3
関学 100 040 3×=8 11 0
関)西田(善)、吉田(雅)、木元、縄田―隅田、加納
学)永島―福本、佐原
※試合規定により8回表打ち切り
決勝
               R H E
関学 000 000 000=0 5 1
近大 203 031 00×=9 9 0
近)木下、早野、山本(隆)―山本(優)
学)小林(正)、岡地、村上、松本(俊)―福本、佐原
 雨天延期により1日遅れで行われた新人戦の準決勝戦。豊中ローズの地にて、若き力が激突した。
 準決勝からの登場となった関学の相手は、春季リーグ戦、総合関関戦と連敗を喫した宿敵・関大。なんとしても雪辱を果たしたい関学。大事な一戦の先発投手を任されたのは、1年生左腕・永島太一(商1)だった。奇しくも永島のリーグデビュー戦は、春季リーグの関大戦。彼は「絶対に関大打線を抑えたい」という強い意志を持ってマウンドに上がった。
 その永島は初回を三者凡退に仕留める良い立ち上がりを見せる。それ以降も単打を浴びるも後続を断ち、要所を抑える投球が続いた。一方、関学は初回から先頭打者の1番・徳山靖(商1)が中前安打で出塁。その徳山を4番・谷雄太(商2)が犠飛で還し、幸先良く先制に成功する。その後、5回には1死二、三塁の好機で3番・籾山雄斗(経1)の走者一掃の適時打や、6番・林敬広(社1)の中越え三塁打などにより、一挙4得点を挙げて5-0と差を広げる。またこの間も永島の好投は続き、無失点のまま回は進んでいった。
 だが7回表、関学は関大の先頭打者の7番・福田を安打で出塁させると、1番・李の適時打でついに1点を返される。関大に流れを奪われそうな場面で、関学ベンチは声を切らすことなくグラウンドに立つ選手を励まし続けた。選手たちもそれに応えた結果、それ以上の得点を許さない。さらにはその裏、代わった相手投手をすぐさま攻め立て3点を追加。8回表も野手の堅守が光り、試合は規定時間により終了。8-1で大勝し、関大を下した。
 その後、すぐさま決勝戦が始まった。関学は初回、先発・小林正幸(社2)が近大打線に捕まり2失点。その後も制球力を失った小林正は3回に3つの四球を与え、無念の降板となった。代わった岡地遼太(理2)も近大の勢いを止めることはできず、5回までに0-8と大量リードを許してしまう。なんとか反撃に出たい関学だが、近大の投手陣を前に中盤までわずか2安打と攻めあぐねていた。さらに6回にも追加点を浴びた関学は終盤に代打抗戦に出るも安打を奪えず、0-9の完封負けを喫した。
 結果は準優勝と悔しさの残る新人戦になったが、チーム一丸で戦うことの出来た今大会は、彼らにとって確かな自信となった。秋には個人がさらなる成長を遂げ、悲願の優勝を目指す。
試合後のコメント
チーム主将・石井孝典(商2)「試合前からチームの雰囲気が良く、全員が声を出していた。とにかく負けたくなかったし、優勝するつもりだった。(準優勝という結果は)普段から練習を頑張っている選手たちにとって自信になった。近大戦ではレベルの違いを見せつけられたので、今後練習から1メニュー、1球に対する姿勢を変えて、秋は優勝したい」
優秀選手に選ばれた永島「春季リーグ戦での初登板に比べ、今日は立ち上がりをきっちり抑えられたので良かった。ピンチの時は野手の方たちに声を掛けてもらい、それが力になった。秋は登板機会を増やし、信頼される投手になれるように頑張りたい」

中盤の追加点に沸くベンチ
関大打線に対し、力投を見せる永島

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です