【硬式野球部】 総合関関戦、序盤のリードを守り切れず敗北

 6月17日、関西大学千里山北グラウンドに於いて、総合関関戦が行われた。
 関学打線は初回、3番・松浦大則(商3)の2点本塁打、8番・山崎裕貴(経1)の2点適時打で4―0と先制に成功。さらに2回、4回にも松浦の本塁打などで1点ずつ追加し、6―0と点差を広げる。
 しかし中盤に入ると、先発・樫岡徹(商4)が関大打線に捕まり、徐々に詰め寄られて、6―4とされてしまう。その後、樫岡に代わった岡地遼太(理2)がきっちりと抑えるも、続いて登板した蒔野健太(文2)が7、8回に4失点し6―8と逆転を許す。そうして迎えた最終回。関学は8番・山崎裕が中前適時打で1点を返して粘りを見せたが、あと一本が出ず、そのまま試合終了。7―8と惜敗を喫した。
 一度はつかみかけた勝利。関学は大量リードを守り切れず、逆転負けを喫した。
 関学打線は初回から爆発。3番・松浦(商3)の2点本塁打を含む4安打で、一挙4得点を挙げる。さらに二回にも1点を追加。早々と相手先発・秋本の攻略に成功した。また関学の先発投手・樫岡(商4)は三回まで無失点と好投する。そして四回にはまたも松浦が本塁打を放ち、樫岡を援護。関学はこのまま流れを引き寄せるかと思われた。しかし、四回裏に飛び出した4番の本塁打を契機に、関大打線が奮起し始める。五回裏、樫岡は5本の長短打を浴び3失点。6―4となり、無念の降板となった。さらに七回裏には二死満塁の場面で代打に2点適時打を放たれ、同点とされる。これ以上相手を勢いづかせたくない関学。だが八回裏、一死二塁の場面でまたしても打順は4番に回る。高々と上がった打球は2点本塁打となり、ついに勝ち越しを許した。そして2点を追い、迎えた最終回。関学は二死から8番・山崎裕(経1)の適時打で1点を返すも、後続は断たれ試合終了。7―8とあと一歩及ばず、春季リーグ戦の借りを返すことはできなかった。
 勝利への執念の差が生んだ終盤での悲劇。接戦を制す粘りを身につけたとき、彼らは真の強さを手にする。
試合後のコメント
主将・大西浩平(社4)「関大は去年の総合関関戦で大敗し、勝利への執念が強かった。関学は序盤でもっと得点を入れなければならなかった。バッテリー以外も守備の乱れが見られた。秋リーグは攻撃面を何としても改善して、投手陣を助けたい」

最終回、執念の適時打を放つ山崎裕貴

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です