【庭球部女子】 3年ぶりの決勝進出!準優勝に輝く

 6月5日、靭テニスセンターに於いて、関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。井本(商4)が、女子シングルス決勝へ出場。関学勢として3年ぶりの決勝戦進出だった。強敵相手に果敢に攻撃をしかけ、白熱したラリーを繰り広げる。しかし緊張からかミスを連発してしまい、セットカウント0―2で敗北。彼女にとって、念願の決勝の舞台は準優勝で幕を閉じた。しかしこの栄光は、インカレへ向け大きな弾みとなった。
試合後のコメント
井本「反省点もあるが大学で初めて決勝までいけて良かった。インカレでも上位を狙いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です