【軟式野球部】 あと少しの所で勝利逃し、プレーオフへ

 4月25日、同志社大学に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦最終節2日目(関大戦)。関学は、3回に先制を許ししまうが、5回に先頭原田大(商4)がライト線にヒットを放つ。盗塁で塁を進め、スクイズで1点を返した。6回にも両校がそれぞれ追加し、試合は延長へ。11回関学はノーアウト二、三塁のチャンスを活かすことができず、2対2の引き分けで試合は終了した。関学、同大、立命大の三校がプレーオフへ進出する。
関大0010010000 =2
関学0000110000 =2
(関学)川瀬(社4)、妙見(経2)―池田(法3)
 激闘の9戦を終え、迎えた最終戦。この日の第2試合(立命大対同大)の結果により、この最終戦を制すれば関学の優勝が決まる。関学ナインの脳裏にはリーグ制覇の文字が浮かんでいた。
 この日先発の川瀬(社4)は1、2回にランナーを出す場面があるものの、後続をきっちり抑え関大にホームベースを踏ませない。しかし3回、先頭打者にフォアボールで出塁を許し、結果そのランナーを生還させてしまった。反撃を試みる関学は、得点圏にランナーを進めるも決めの一本が出ず4回まで無得点に終わり、歯がゆい時間が経過する。動きがあったのは5回、追加点の危機を救うスーパーキャッチを見せた原田大(商4)に先頭で打順が回ってきた。レフト線の安打で出塁すると、俊足を活かした盗塁で塁を進める。またワイルドピッチで原田大は三塁へ。打席にはピッチャーの川瀬。強い気持ちがバッティングに表れた。バントヒットに成功し、原田大がホームベースを踏み、試合が振り出しに戻った。しかし直後の6回、関学は1点を与えてしまう。それでも関学は粘りの野球を見せ、山崎(社2)、高島(商2)がそれぞれ安打を放ち、流れを引き込んだ。進塁によりプレッシャーを受けた相手投手がワイルドピッチを出し山崎が生還し2対2。その後は両校が好守を重ね、勝ち越しの得点が出ない。そしてこの試合最も熱い場面が生まれた延長11回。関大が2アウトでランナーを二塁に進める。打席には3打数2安打と好調のバッターが入った。粘った7球目、放たれた打球はセンターへと飛んでいく。二塁走者はもちろんスイングと同時にスタートを切った。中堅を守るは関学一の強肩・原田大。原田大が一直線にバックホームする。まさにレーザービーム―。完璧な好返球は捕手・池田(法3)のキャッチャーミットに入り、走者をタッチアウト。原田大の強肩が関学のピンチを救った。味方の好プレーが良い流れを作り、最終回の攻撃へつなげる。先頭打者・山崎がライトの頭上を越える2ベースヒットを放ち、続く富田(文4)が内野安打、盗塁で塁を進めた。ノーアウト二、三塁、関学に絶好のチャンスが訪れる。しかし、関学はこのチャンスを活かし切ることはできなかった。試合は引き分けで幕を閉じ、関学は3校(関学、同大、立命大)でのプレーオフにおいて、王者を争うこととなる。
試合後のコメント
主将・富田真司「(今日の)2試合目の結果で優勝のチャンスが回ってきたのに活かすことができずもったいないことをした。投手はいつも通りのピッチングをしてくれたので、点を取って援護してあげたかった。今日の試合を忘れて切り替えてプレーオフに臨みたい」
7回から登板し、無失点で抑える妙見(経2)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です