【軟式野球部】 リーグ制覇へ大きな1勝!

 4月23日、豊中ローズ球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦最終節1日目(関大戦)。関学は7回富田(文4)のヒットを皮切りに快音を響かせ、3点を先制。8回には山崎(社2)のホームランが飛び出し、関学はリードを広げ、4対0で大事な1勝を挙げた。
 サイドから投げ込まれるボールで次々と相手打者を抑え込む妙見(経2)。そして、バットを鋭く振り抜いた山崎(社2)はライトオーバーの本塁打を放つ。2年生コンビが奮闘し、関学は見事勝利を飾った。
 この日の関学の先発マウンドを託されたのは妙見。妙見はランナーを出すものの、直球とスライダーを中心に関大打線を封じていく。ピンチを迎えても「思いっきり投げた」と言うように決して関大にホームを踏ませない。5回まで、毎回奪三振を見せた。試合は両投手が好投し、互いに無得点で終盤へ突入する。なんとか妙見を援護したい関学は、先頭の富田(文4)がヒットで出塁すると犠打で1死二塁のチャンスを作る。ここで打席には高島(商2)。高島はしぶとくレフトへヒットを放ち、関学は1点を先制した。さらに攻め続ける関学は、池田(法3)のタイムリーツーベースヒットと相手のエラーで2点を追加する。一気に試合の流れを引き寄せた。すると7回、先頭バッターの3番・山崎がインコース高めのスライダーを完璧にはじき返す。ライトへきれいな放物線を描いた打球はぐんぐん伸びていき、そのままスタンドへ吸い込まれた。若きスラッガーの一振りでさらに点差を引き離した関学は、妙見を中心に守り抜く。そして最後の打者をレフトフライに打ち取りゲームセット。関学は4対0で勝利し、妙見は見事完封を果たした。
試合後のコメント
主将・富田真司「前半は点が入らなかったが、終盤はみんなつなぐ意識が見えてきて点が取れて良かった。次の最終戦は、チーム一丸となって優勝したい」
先発、完封した妙見憲彦「まだ優勝のチャンスがあるし、今日は絶対に勝ちたかった。1点でも少なく抑えられるように意識した。ピンチでも腕を振って思いっきり投げた」
本塁打を放った山﨑大輝「(本塁打を打って)最高に気持ちよかった。ぼくが打てたのは、芝野(法4)さんと原田大輔(商4)さんのおかげ。このリーグ戦でインコースを攻められていたので、練習でインコースを打つ練習をした。その成果が出てよかった。次戦も頑張りたい」

本塁打を放ちナインに迎えられる山﨑(社2)
完封勝利の妙見(経2)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です