【硬式野球部】 延長戦の激闘の末、敗北

 4月18日、皇子山球場に於いて行われた関西学生野球春季リーグ第3節対近大2回戦。関学は6回に4番・萩原圭悟(商2)の犠飛で1点を先制。先発・樫岡徹(商4)も好投し、このまま逃げ切るかと思われた。だが、9回裏、2死からスクイズで1点を返され、今季初の延長戦へ突入する。そして迎えた11回裏。延長から登板した蒔野健太(文2)が1死から6番、7番に連打を浴び、最後はまたしてもスクイズを決められ、関学は1―2のサヨナラ負けを喫した。
                  R H E
関学 000 001 000 00=1 8 0
近大 000 000 001 01x=2 11 0
学)樫岡、蒔野―小林祐
近)中後、森田―柴立、山本優
 昨日の敗北により、後がなくなった関学。この日の相手先発は、好投手・中後。楽な試合ではないことは確かだったが、先に試合を動かしたのは関学だった。6回に先頭打者の1番・中村浩樹(経4)が中前安打で出塁すると、2番・大西浩平(社4)もファールでしぶとく粘った8球目を左前へと運び、連打となる。その後、3番・松浦大則(商3)の犠打で1死二、三塁とし、迎えた打者は4番・萩原圭悟(商1)。右翼方向へと飛んだ打球はあわやホームランかと思われたが惜しくもフライ。だが、その間に三塁走者の中村は生還し、関学は先制に成功した。
 一方、関学の先発は樫岡徹(商4)。先日の立命大戦では思うような投球ができず、リベンジに燃えていた。その樫岡の投球は冴えわたり、この日は近大打線を8回までにわずか4安打に抑える。終盤まで三塁も踏ませない堂々のピッチングを見せ、試合を優位に運んでいった。
 1―0のまま迎えた9回裏。ここを抑えれば勝利となる場面で、悪夢は起きた。1死から4番・若松に中前安打を許すと、犠打や四球、さらには途中出場の7番・山本優にも安打を許し、2死満塁。迎えた途中出場の8番・築山がセーフティバントをしかけ、これが成功し1点を返される。なおも2死満塁、関学は一気にサヨナラの危機を迎えるも、樫岡はきっちりと抑え、試合は延長戦へと突入する。土壇場に追いつかれた関学。何としても1点をもぎとりたいが、9回から中後に代わり登板した森田からなかなか安打を奪えずにいた。そんな中、11回表、関学は先頭の途中出場、5番・檪浦大亮(経3)が四球で出塁すると、8番、9番と連続で四球を選び、2死満塁の好機が訪れる。しかし、1番・中村は空振り三振に倒れ、この好機を無得点で終えてしまう。するとその裏、延長戦から登板した蒔野健太(文2)が1死から連打を浴び、最後はまたしても8番・築山にスクイズを決められ、関学は1―2で無念のサヨナラ負けを喫した。
 両校が総力を上げて戦ったこの試合。関学は近大戦で勝利を挙げられず、今季初の勝ち点を落とした。
試合後のコメント
清水監督「樫岡の調子は良かった。近大のバントの上手さ、粘り強さには敬意を表したい。(6回のチャンスで)もう1点が欲しかった」

先発で好投した樫岡
本塁で走者と交錯し、惜しくも得点を許す

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です