【軟式野球部】 大事な1戦、同大戦を制する!

 4月15日、皇子山球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第4節1日目(同大戦)。関学は序盤2点のリードを許してしまう。しかし樽井(商4)のランニングホームランを皮切りにチャンスを活かし、2点を返した。流れをつかんだ関学は6回に原田大(商4)の内野ゴロで勝ち越しに成功する。8回にも原田大が2ベースタイムリーヒットを放ち、1点追加。先発川瀬(社4)もピンチを切り抜け、守り切った。最後は頼れる若手妙見(経2)が締め、関学は4対2でライバル同大を下した。
 6勝1敗で迎えた春季リーグ戦第4節1日目、この日の対戦校は首位争いを共にする同志社大。
 両校が欲しい先制点。関学は初回にその先制点を奪われてしまった。先発川瀬(社4)が2アウトから左中間へタイムリーヒットを浴びてしまう。先制点を許した関学は波に乗ることができず、3回にも内野安打、盗塁、エラーなどで1点を追加されてしまった。その裏、打席にはこの日最も観衆を沸かせた男・樽井(商4)の姿があった。2ストライク2ボールからの5球目―。樽井が振り切ったバットにたたかれたボールは、スピードが止まることなく伸びていき、センターの頭上を大きく越えた。打った瞬間走り出した樽井の足も止まらない。3塁ベースを蹴り、ホームベースへと突っ込む。樽井がホームベースへ向かうと同時に、相手の返球もキャッチャーのミットに入り込む。全観衆が審判を見つめる。両手が大きく開かれ、関学ベンチ、応援席から歓喜の声が沸きあがった。樽井のランニングホームラン、ここから関学は攻守ともに粘りの野球を同大に見せつける。4回に先頭打者山崎(社2)が渾身の3ベースヒット。原本(経4)がスクイズを決め山崎が生還し、同点に追いつくと、守る川瀬もランナーを出す場面があるものの無失点で抑え切った。試合も後半戦、勝ち越しの1点を巡り両校譲らない、緊迫した空気が流れる。しかし6回裏、「負けられない」という関学ナインの強い闘志が相手のエラーを誘い、1死満塁へチャンスをつかむ。打席には好調の原田大(商4)が入り、内野ゴロで3塁ランナーが生還。関学は勝ち越しに成功した。7回に満塁フルカウントのピンチを迎えるものの、なんとか切り抜け川瀬は7イニング2失点でマウンドを抑えの妙見(経2)に託した。8回にも関学は原本、原田大の2者連続2ベースヒットでダメ押しの得点を追加した。またこの日も妙見が文句なしのピッチングを見せ、関学は4対2で貴重な勝利を挙げた。
試合後のコメント
主将・富田真司(文4)「今日は寒さに備えて(アップ時に)多めにランニングした。それでいい流れで試合に入ることができたと思う。残り3戦も負けられない。全員一丸となって勝ちたい」

ランニング本塁打を放った樽井(商4)
マウンドに集まる内野陣

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です