【硬式野球部】 1―3で惜敗。勝敗は第3戦に持ち越し

 4月11日、スカイマークスタジアムに於いて関西学生野球春季リーグ第2節、対立命大2回戦が行われた。先発は、昨年のリーグ戦でも「守りの関学野球」の中核を担った、樫岡徹(商4)。樫岡は、初回に3安打を浴び1点を入れられ、立命大に先制を許す。そして3回、四球と安打により、1点を追加され、早くもマウンドを2番手の小坂龍徳(商4)に譲ると、その小坂も1点を入れられ0―3とされる。関学打線が動いたのは5回。2死から7番・小林祐(経2)が左前安打で出塁すると、8番、9番も死球と安打で出塁。満塁のチャンスで1番・中村浩樹(経4)を迎えると、見事、左前安打を放ち1点を返した。それ以降、投手陣は、積極的な継投により、失点を防いだが、相手先発・澁谷の前に関学打線は追加点を入れられず、1―3で敗れた。
                 R H E
関学 000 000 000=1 4 0
立命 101 100 00×=3 9 2
学)樫岡、小坂、ボイラン、小林正―小林祐
立)澁谷、永田―新田
前日、昨年のリーグ覇者に対して理想的な試合運びを展開し、1勝を挙げた関学。2連勝して勢いに乗りたい。
 まずは立ち上がり、関学の先発・樫岡がいきなり崩れた。初回1死一、二塁のピンチで、5番・柳舘に中前安打を放たれ先制される。続く2回は、うまくゴロを打たせて三者凡退に打ち取った樫岡だが、3回に安打や四球により1点を追加され、マウンドには2番手の小坂が投入された。そして、見事後続を断った小坂だが、4回に8番・新田に本塁打を打たれ0―3とされる。なんとか流れを引き寄せたい関学は5回、下位打線が粘りを見せる。2死から7番・小林が左前安打で出塁すると、8番が死球、9番が安打で続き満塁。この日最大のチャンスを迎えた。この好機で回ってきたのは1番・中村。初球をうまく左翼前に運び1点を返すことに成功した。             
このまま、一気に逆転したい関学であったが、相手先発・澁谷の低めに決まる球に手が出てしまい、安打が出ない。投手陣の力投に応えられず、 1―3で敗れた。
1勝1敗で迎える対立命大3回戦は、22日に皇子山球場に於いて行われる。
試合後のコメント
清水監督「樫岡が序盤で崩れるのは予定外だった。明日は、先制点を入れ、最少得点で勝ちたい」
主将・大西浩平(社4)「こういう日もあると思って切り替えて、明日も笑顔を忘れずにプレーして、勝ちたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です