【硬式野球部】 リーグ初戦を勝利で飾る!

 4月10日、スカイマークスタジアムに於いて関西学生野球春季リーグ第2節、対立命大1回戦が行われた。先発は、リーグ戦初先発の蒔野健太(文2)。立ち上がりに緊張の色が見られたが、しっかりと打者を打ちとり、初回を無失点で切り抜けた。一方、関学打線は3回に4番・萩原圭悟(商2)の中越三塁打により2点を先制。さらに、3番・松浦大則(商3)の適時打や相手投手の暴投により2点を追加して、4―0と立命大を突き放す。また、先発の蒔野は終盤に本塁打を浴びるも、9回1失点9奪三振と堂々のピッチングを披露し、初先発で初勝利を挙げた。投打が噛み合った関学は、4―1で快勝し、明日に向けて弾みをつける一戦となった。
                  R H E
立命 000 000 001=1 6 0
関学 002 010 10×=4 8 0
立)北岡、山田、小松、永田―新田、藤田
学)蒔野―小林祐
 第2節からのスタートとなった春季リーグ戦。初戦の相手は昨秋の覇者、立命大だ。春季リーグ全体の行方を左右すると言っても過言ではないこの一戦。先発のマウンド任されたのは、昨秋、リリーフで活躍を見せた変則左腕・蒔野健太(文2)だった。彼自身、公式戦で先発を任されたのは高校時代以来のこと。リーグ戦前から「先発で投げて、勝ちたい」と意気込んでいた蒔野は、良い緊張感の中で本番を迎えた。
 初回、緊張により少し硬くなっていた蒔野は立ち上がりを狙われる。「最も注意していたバッター」という1番・金子に左中間を破る二塁打を放たれ、続く2番の犠打で、1死三塁といきなりの危機。その後、死球も重なり2死一、三塁とするも、最後は5番を空振り三振で打ち取り、見事に初回の危機を無失点で切り抜けた。
 試合が動いたのは3回裏。関学は2死から2番・大西浩平(社4)が相手の意表をつくバントヒットで出塁すると、続く3番・松浦大則(商3)が左前安打を放ち2死一、二塁の好機となる。迎えた打者は4番・萩原圭悟(商2)。思い切り振りぬいた打球は中堅手の頭上を越え、走者一掃の適時三塁打となった。2―0とし、関学は序盤に良い形で先制することに成功した。
 打線の援護を受け、蒔野は徐々に自分の投球を取り戻していく。6回まで相手打線をわずか3安打に抑え、立命大に反撃の余地を与えない。一方、関学は5回に1死から1番・中村浩樹(経4)が中前安打で出塁すると、犠打で二塁へ進塁。3番・松浦の左前適時打で生還し、3―0とする。じわじわと差を広げる関学であったが、7回表、この試合最大の山場を迎える。蒔野は死球で先頭打者を出すと、その後も制球が乱れ、四球や内野安打により2死満塁。相手は代打を送りこむ。そして、ボールカウントが1―3になった時、三塁手・萩原はマウンドに駆け寄り、一声かけた。そのことが蒔野の力となり、最後は見逃し三振に仕留め、またも危機を切り抜けた。そしてその裏、関学はさらに相手バッテリーのミスをつき1点を追加。4―0と立命大を突き放していく。
 迎えた最終回。二度の危機を乗り越えた蒔野だが、1死から途中出場の8番・藤原に本塁打を浴び、完封を目の前に手痛い1点を許す。だが、立命大の反撃もこれまで。4―1で試合は終了し、蒔野は初先発で見事に初完投、勝利投手となった。
 大事な初戦を白星スタートとした関学。続く明日の2回戦へ向け、大きな弾みをつけた。
試合後のコメント
清水監督「オープン戦で社会人に対してそこそこの戦いをしたことでチームが成長した。今日は蒔野が良かった。初完投で自信につながったはずだ」
主将・大西浩平(社4)「『監督を胴上げしたい』。今日の勝利もそのためのプロセス。明日も切り替えて頑張ります」
蒔野「チームメイトの声掛けが力になった。これからも投げて関学の優勝に貢献したい」

試合前に、主将の言葉を受け士気を高めていく選手たち
力投を見せる蒔野

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です