【軟式野球部】 阪大を圧勝!

 4月9日、豊中ローズ球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第3節2日目(阪大戦)。関学は先制点を許してしまうが、ヒットをつなぎ阪大のエースから10点を巻き返す。昨日の圧勝に続き、関学は10対1で文句なしの勝利を遂げ、リーグ制覇への大きな希望を繋げた。
 この日の先発マウンドに上がったのは田中(経2)。田中は立ち上がりから制球に不安を感じさせるものの、得点を許さず阪大打線を抑えていく。しかし3回、連打を浴びて先制点を許してしまった。追いつきたい関学はその直後、ランナーを出し2番・富田(文4)の三塁打と3番・山崎(社2)の二塁打で2点を奪い、逆転に成功し勢いに乗っていく。4回には、原田大(商4)のセンターオーバーの三塁打を口火に一挙5点を追加した。大量得点の援護をもらった田中は、その後落ち着いた投球で阪大に出塁を許さない。攻守のかみ合った関学の勢いは止まることを知らず、6回にも富田のツーベースヒットや相手のエラーで3点を奪った。9点差をつけた関学は吉山(総2)、妙見(経2)と継投し完全に阪大の攻撃を封じ込み、10対1で7回コールド勝ちを収めた。
春季リーグ戦も残り4試合。関学、同大、立命大の3校が5勝1敗で同一1位と首位争いは熾烈(しれつ)をきわめている。次戦の相手は秋季リーグ戦の覇者・同大だ。リーグ優勝へ。関学ナインは一球に全身全霊を込めて挑んでいく。
阪大0010000=1
関学002503×=10  ※7回コールド
(関学)
田中、吉山、妙見―池田(法3)、中西(社3)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です